保育士の資格取得に必要なことは何?

保育士の資格取得に必要なことは何?

社会人から保育士を目指す

共働き世帯の増加に伴い、保育士への需要も高まっています。保育士として働くためには国家資格が必要ですが、この資格は社会人になってから、働きながら取得することが可能です。

保育士免許の受験資格は、保育学科の卒業生に限ったものではありません。年齢制限もなく、他の学科を卒業した人でも受験ができるので、専門学校に通ったり、通信教育で勉強したりしながら資格取得に励む人は大勢います。

これからも、出産後も仕事を続ける母親が減ることはないでしょう。保育士という仕事へのニーズも、今後ますます高まるものと考えられます。

現在では、保育士として働く上では、給与が安い、労働時間が長いなどの問題点があるといわれています。工作物をサービス残業で仕上げたり、家に持ち帰ったりする見えない残業もあるため、保育士資格を持ちながら、保育士として働いていない「潜在保育士」も多いと言われています。実際に、保育士自身の待機児童問題もあり、保育士の労働環境に関しては、今後の改善が求められるのは事実です。

しかし、需要の増加、また育児に対する社会の意識の変化に伴って、そうした保育士の労働環境を見直そうという動きも出始めています。

保育士は、乳幼児に関わることで、その子どもの人生の基礎を作る大切な仕事です。また働く父親、母親にとっては、育児をともに担ってくれる大切なパートナーともなりうる存在です。

やりがいの面においては、他の仕事にも決して引けを取りません。その保育士になるために、受験資格はどんなものか、どんな勉強をすればいいのか、じっくりとご説明しましょう。

リンク集サイトマップ

Copyright © 保育士の資格取得に必要なことは何? All rights reserved.