保育士の資格取得に必要なことは何?

保育士の資格取得に必要なことは何?

保育士試験の試験内容

子どもが成長する過程で大事な時期を共に過ごす保育士は、相応の責任が問われます。そのため、保育士試験は筆記に加えて実務試験も用意されています。

まずは筆記科目から見てみましょう。保育の原理や心理学、社会福祉に加え、子どもの食と栄養について幅広い知識が要求されます。子どもを育てる過程は、ただ単純に知識を教えるだけではありません。成長に必要なことを体系的に学ぶことが保育士には求められているのです。

実技の科目では造形、音楽、言語のうち、2つの分野をクリアすることが要求されます。造形では一定以上の水準を満たせる絵を描くこと、言語は課題に沿ったお話が子どもに伝わりやすく話せること、音楽はピアノその他の楽器を演奏することが必要です。恐らく、多くの方が子どもの頃に保育士の先生にこれらを学んだことでしょう。音楽ではピアノに限らず、アコーディオンなどの演奏も認められているようです。

筆記と実技と聞くと身構える方もいるかもしれません。しかし、筆記だけ突破したら、半年後に実技を受けるということもできます。保育士試験の試験結果は3年間有効です。時間を掛けて合格を目指す人もいるので、あきらめずにチャレンジしてください。

リンク集サイトマップ

Copyright © 保育士の資格取得に必要なことは何? All rights reserved.