保育士の資格取得に必要なことは何?

保育士の資格取得に必要なことは何?

保育士試験のための勉強方法

保育士免許を取るための勉強法はさまざまです。それぞれの方法を、期間や費用についての面から詳しくご説明しましょう。

まず、費用はそれなりにかかるものの、比較的スムーズに資格取得がかなうのが、専門学校に通うという方法です。厚生労働大臣が認定する保育士養成施設に通い、卒業することができれば、自動的に保育士免許を取得することができます。

大学だけではなく、短期大学、専門学校、通信講座、夜間学校などもあるので、仕事をしながらでも、これらの機関を利用することは不可能ではありません。

また、学校に通う費用や、まとまった時間が取れない方には、独学で学び、試験にパスするという方法もあります。

この場合、書店でテキストを購入したり、インターネットで教材を探して勉強することができますが、勉強を続ける意思がなければ合格は難しいかもしれません。また教材には、勉強内容がコンパクトにまとめられた通信講座を利用することもできます。

いずれにせよ保育士試験の合格率は、約20%程度と決して高くはありません。もちろん、短い勉強期間でパスする人もないではありませんが、結果を持ち越しながら数年かけて合格する人が大半です。

保育士を目指し、独学を選んだ人は、気長に、しかしあきらめない心持ちでじっくり試験に挑みましょう。

リンク集サイトマップ

Copyright © 保育士の資格取得に必要なことは何? All rights reserved.